Dear Creator

僕らが考える
クリエイターについて

少し長文になってしまい恐縮です
これから僕らが考えるクリエイターと
そのクリエイターちと一緒に創っていきたい会社のこと
また社会に与えたいインパクトについて話そうと思います

何故なら会社は人生の時間の中で一番長く過ごす場所かもしれないから
色んな条件で会社や仕事を選ぶのだと思います
仕事の内容や給与職場環境など大事な条件は沢山あります
本当にどれも大事な条件だと思います

ただ僕らの会社ではmissionとvisionとvalueを大切にしたくて
会社が目指している方向性(MVV)に共感できるとか
一緒に働く仲間を尊重できるとか
変化を生み出すことに喜びを感じるとか
そんなことを大切にこれからも経営をしていこうと思っています

単純に良い仲間と前だけを向いて
毎日を過ごしていきたいと思っています

ここまでお読みいただいて
僕らの会社にまだ興味を持っていただけていたら
もう少しだけお付き合いください

クリエイターって
一体なんだろう?

世の中にはクリエイターと称される職業がたくさんあります
テレビの業界で言えば番組のプランナーやディレクター
構成を考えるシナリオライターや映像作家などなど
企業広告のプロモーションに携わる業界で言えば
クリエイティブディレクターやアートディレクターコピーライターなどなど
最近ではブロガーやYouTuberもクリエイターのひとつかもしれません

現在のクリエイターの定義の多くは
広告やwebさらには空間などのコミュニケーションの場で
何か伝えたいものを様々な工夫を凝らして
表現する人たち(職種)と言えると思います
クリエイター = 専門職(スキルや知識が突出している)
になっているのだと思います

本当にそれがクリエイターの
本質なのでしょうか?

僕らはクリエイターとクリエイター職は違うと思っていて
もっと柔軟で自由でいいのではと考えています

そしてスキルや知識などの専門性の前に
クリエイターとして大切なことがあると思っています

僕ら考えるクリエイターの定義は
新しい『うねり』を創り出せる人

『うねり』とは
様々な人たちの間に生まれるコミュニケーション空間において
あるべき方向性へとリードしていく大きな流れのようなもの

クリエイターはその『うねり』を生み出すきっかけや
仕掛けを提供できる人だと考えています

クリエイターとは職種ではなく『あり方』なのだと思っています

自分の頭で考えて新しい価値を提案する
僕らはお客様の要望や顕在化したニーズにこたえるだけではなく
その先のまだ気づいていない
言葉になっていないものまでを感じ取り
新しいソリューションを提案したい

そういう想いをもっているのが本物のクリエイターなのだと
僕らは勝手に考えています

『まだ見ぬクリエイター』を求む!

僕らはそんなクリエイターたちと一緒に
新しい社会課題に向き合いソリューションを生み出し
社会が「はっ」とする新たな価値を提示していきたいと思います

知識やスキルなどの専門性はやる気次第で後からいくらでも学べます
本当にクリエイターに必要なことは何かに気づき
共感してもらえる『まだ見ぬクリエイター』を求めています

最後までお読みいただきありがとうございます

もし興味をもっていただけていれば
気軽に会社まで遊びにきてください

大歓迎です
お待ちしています!

CEO

ico_arrow_top